静岡県の温泉街として有名な熱海では、ほぼ1年中花火大会がおこなわれているのをご存知でしょうか?

もちろんシーズンは他の花火大会と同様に夏ですが、1年中花火大会が楽しめるのは珍しいので貴重です。

熱海に行くなら、温泉と1年中おこなわれる熱海海上花火大会は絶対に外せませんよ。

行かなきゃ損の熱海海上花火大会!日程や会場の情報を先取りチェック

今年は熱海海上花火大会の日程や会場を先取りチェックして、是非とも花火大会を楽しんでくださいね。

熱海海上花火大会の見頃は夏!

熱海海上花火大会は1年中おこなわれていますが、やっぱり盛り上がるのは夏です。

例年の日程では、7月末から8月末にかけて毎週のように花火大会がおこなわれています。

花火大会と浴衣という、夏の風物詩がセットで見れるのもこの時期だけです。

熱海海上花火大会は魅力が盛りだくさん

熱海海上花火大会は、1年中花火大会が楽しめるのが魅力ですが、それだけではありません。

それ以外にも以下のような、見どころや特徴があります。

01:熱海の海岸からなら何処からでも楽しめる

これは何が良いかというと人混みの中でゴチャゴチャせずとも、のんびりと花火が楽しめるということです。

人気のある花火大会は何処も人混みがすごいので、人混みをそこまで気にしなくても良いというのは、それだけでも魅力的です。

02:日本一とも言われる打ち上げ会場

会場になっている熱海湾は、3面を山に囲まれたすり鉢状の地形になっています。

そのおかげで、大きなスタジアムのような反響効果が楽しめます。

これは花火業者さんも絶賛する、日本一の花火の打ち上げ会場とも言われています。

03:フィナーレが圧巻

熱海海上花火大会の最後を締めくくるフィナーレは、仕掛け花火ではありません。

会場全体から打ち上げるタイプの花火で、「大空中ナイアガラ」とも呼ばれています。

夜空を鮮やかに彩る花火は感動すること間違いなしです。

スポンサーリンク




熱海海上花火大会の日程

2016年(平成28年度)の花火大会の日程は下記の通りです。

毎年日程は異なりますが、同数程度の花火大会が熱海で開催されています。

熱海海上花火大会の日程

春の日程

春は2回の花火大会があります。

時間は両方とも20:20〜20:45となっています。

  • 4月9日(土)
  • 5月14日(土)

夏の日程

夏は熱海海上花火大会の本番シーズンです。

7月末からは毎週のように花火大会がおこなわれます。

時間も他の季節と比べると少し長い、20:20〜20:50となっています。

  • 7月24日(日)
  • 7月29日(金)
  • 8月5日(金)
  • 8月8日(月)
  • 8月18日(木)
  • 8月21日(日)
  • 8月26日(金)

秋の日程

秋の花火大会は1回のみです。

時間は春と同じく20:20〜20:45となっています。

  • 9月19日(祝日・月)

冬の日程

冬は3回の花火大会があります。

クリスマスにないのは少し惜しいかもしれませんね。

時間は全て20:20〜20:45となっています。

  • 12月4日(日)
  • 12月1日(日)
  • 12月18日(日)

熱海海上花火大会の会場

花火大会の会場は、熱海サンビーチ~熱海港のあたりの熱海湾となっています。

会場はJR熱海駅から、徒歩で20〜30分くらい離れています。

当日は混むので、遅くても19時半までには熱海駅に到着して会場を目指してくださいね。

熱海海上花火大会の会場

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?