敬老の日とは言葉の通りで、おじいちゃんやおばあちゃんをお祝い(感謝)する日です。

もう少し正確にいうと、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」と定められています。

2016年の敬老の日はいつ?敬老の日の由来って知ってる?

敬老の日といえば、2002年までは9月15日で固定されていましたが、ハッピーマンデー制度により、海の日などと共に月曜日に移行されました。

そのせいもあり、敬老の日が毎年いつなのかは、わからなくなりましたね。

今回は、2016年の敬老の日がいつなのか? そして敬老の日にまつわる由来について紹介していきます。

2016年の敬老の日はいつなの?

2016年の敬老の日は、9月の第3週月曜日である9月19日となります。

ハッピーマンデー制度のおかげで3連休となりますね。

今は祖父も祖母も亡くなってしまいましたが、わたしの実家では毎年敬老の日には、家族で祖母をお祝いしていました。

まぁお祝いといっても、一緒に食事に行くくらいでしたけどね。

2016年の敬老の日はいつなの?

ちなみに2017年の敬老の日は9月18日で、2015年は9月21日の敬老の日をはさんでの5連休でした。

9月19〜9月23日までという大型連休だったので、家族でお出かけした人も多いかと思います。

次に大型連休となるのは2020年の敬老の日で、この時は9月19日の土曜日〜9月22日までの4連休となります。

尚、2020年の敬老の日は9月21日となります。

スポンサーリンク




敬老の日の由来とは?

敬老の日の由来には、としよりの日説、養老の滝説、非田院(ひでんいん)説という3つの説があります。

その中でも最も信ぴょう性が高いとされているのが、としよりの日説です。

これはWikipediaにも一部掲載があるので、比較的有力かと思います。

としよりの日というのは、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、1947年に兵庫県の多可郡野間谷村で制定された決まり事です。

そして気候が安定していた9月15日をとしよりの日に定め、そこから1週間を運動週間としたそうです。

それが村だけでなく兵庫県全体に広まり、「としよりの日」ではイメージが悪いとのことから、1964「老人の日」に改名されました。

その後は野間谷村の人たちが政府に対して「国でも老人を敬う日を作るべきだ!」と働きかけ、その働きかけのかいもあり、1965年には正式な国民の休日として、「敬老の日」が制定されたそうです。

こうやって話を並べると、いかにもな感じがしますが、確実に証拠が残っているわけではないので、あくまでも一説です。

とはいっても、敬老の日が現在の国民の休日であるのは確かなことで、自分たちのおじいちゃんやおばあちゃんをお祝いしてあげる日として利用するのは良いことかと思います。

わたしの家庭では既に祖母も祖父もいませんが、まだおじいちゃんかおばあちゃんがいるご家庭では、この祝日を大切にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?