七五三って何するの?なんて、なんとなく常識のような気がして周りの人には聞きづらいものですよね。

ですが安心してください。

そんな方もいると思って、一般的な七五三ですることと、地域別の違いなどの情報をまとめておきました。

七五三って何するの?を簡単にまとめてみた!

七五三って何するの?【基本・全国一般編】

七五三は、子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝いの日です。

そして、「3歳の男の子と女の子・5歳の男の子・7歳の女の子」の節目の日でもあります。

七五三は毎年11月15日となっていますが、日付は10〜11月の都合のいい休日で良いとされています。

その日は、家の近くの神社に晴れ着を着て参拝に行くのがしきたりとなっています。

この際、祈祷をしてもらえるような大きな神社と、住職のいない近場の神社でゆっくりお参りする方にわかれているようです。

そして神社では参拝をすると同時に、おはらいを受けて祝詞をあげてもらうのが一般的です。

ただし、ここでは記念撮影だけで終える家族が多くなっています。

また参拝に行くより前に、写真館で記念撮影する人も多い印象です。

七五三でおこなうことも時代とともに、少しずつショートカットする人が増えているようです。

その後に家族で食事をするのが、現代の七五三の一般的な過ごし方です。

ちなみに七五三の主役はあくまでも子供です。

よくある話ですが、親だけが満足しないよう、子供に無理のない範囲で楽しませてあげましょう。

七五三で一般的におこなうことチェック

  • 晴れ着を着せる。
  • 記念撮影をする。
  • 神社に参拝に行き祈祷してもらう。
  • 千歳飴を買って食べる。
  • 家族などで食事をする。

スポンサーリンク




七五三って何するの?【地域編】

七五三に何をするかは、地域によって少しずつ違いがあります。

お祝いする日にちや規模も変わるだけでなく、男の子は5歳の時しかお祝いしない地域もたくさんあります。

七五三って何するの?地域別編

関西地方

関西地方では、七五三で神社に行って祈祷まですることはほとんどありません。

七五三が関西でも一般的になったのは昭和に入ってからで、七五三のイベントは関東地方の方が地方を入れているようです。

北海道や東北地方

11月15日は、東北や北海道の気候ではかなり冷え込みます。

関東では11月にお参りに行く人が多いですが、寒い地域では10月15日など、10月中に七五三イベントをおこなうことが多いようです。

九州地方・沖縄県

「ふんどし」や「ゆもじ」といった衣装を着て、七五三に参加する地域があります。

ちなみに沖縄では、古くから七五三のイベントをおこなっていたわけではありません。

全国編と地域編でわけてまとめましたが、そこまでかたく考えずに気楽に参拝したのでいいかと思います。

昔に比べれば、七五三のイベント自体も大分自由になってきているようですので!

もちろん七五三の主役は子供なので、大人だけが楽しむことのないよう子供に無理がないよう配慮はしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?