七五三の意味や由来は?

七五三といえば子どもの成長に感謝しお祝いする行事ですよね。

でもなぜ七、五、三なのか知っていますか?

千歳飴はなぜ食べるんでしょうか?

今回は意外と知らない、七五三の由来や意味、千歳飴はなぜ食べるのか?まで調査しました!

七五三の意味

七五三は男の子は3歳と5歳。

女の子は3歳と7歳にお祝いしますよね!

実は、3歳、5歳、7歳にお祝いするのには江戸時代にあった儀式に由来があるそうですよ。

3歳 髪置(かみおき)

江戸時代は3歳までは坊主頭。

3歳から髪を伸ばすことができるようになったそうですよ。

5歳 袴着(はかまぎ)

5歳は男児が初めて袴をつけれるようになる歳でした。

7歳 帯解(おびとき)

7歳は女の子が子どもの着物から大人と同じ着物や帯を結ぶようになる歳でした。

また、3歳で言葉を理解するようになったり、5歳で知恵がつきだしたり、7歳で乳歯が生え変わったりと様々な変化が起こるのも3歳、5歳、7歳。

病気になりやすい年齢でもあるので、3歳、5歳、7歳に健やかな成長を氏神様にお祈りする習慣が、現代にも残ったというわけなんですね。

スポンサーリンク




七五三の由来

七五三は江戸時代の徳川徳松(第5代将軍徳川綱吉の長男)の健康を祈って、始まったとされる説が有力だそうです。

もともとは関東圏のみで徐々に全国に広まっていきました。

当時は赤ちゃんのうちに死んでしまう子が多かったので、今でいう戸籍も生まれてから3〜4年後に登録するのが普通だったそうです。

そのため、七五三のお祝いは「今まで無事に育ってきてありがとう」という思いと、「これからも健やかに成長して長生きしてほしい」という、願いを込めておこなわれていました。

それが今でも子どもの成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をする行事として残っているんですね。

千歳飴はなぜ食べる?

千歳飴はなぜ食べる?

七五三といえば、必ず子どもが持って写真に写っている千歳飴。

千歳飴はなぜ食べられるようになったんでしょうか?

千歳飴の由来は「千年」という名前で売りだされた紅白の棒状の飴からきています。

「長く伸びる」という縁起にあやかって、子どもの健やかな成長と長寿の願いを込めて作られたんだそうです。

千歳飴の発祥は諸説ありますが、江戸時代に浅草で飴売りの七兵衛という人が売り歩いたのが始まりという説が有力だそうですよ。

また、江戸時代は甘いものが貴重だったため、子どもにとっても大人にとっても、とても縁起のいいものとされていたそうです。

今でも千歳飴はお福分けとして、親族や近所へ配る習慣がありますよね。

七五三は子どもの成長をお祝いする日ですが、日ごろ子どもを見守ってくれる方たちに感謝する日にもしたいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?