七五三のお参りの祈祷料は?参拝料は?

はじめての七五三だと、わからないことが多いと思います。

特に祈祷の謝礼など、お金の部分は親としてしっかり把握しておきたいところ。

祈祷料はいくら?

拝観料はかかる?

今回は気になる七五三の神社に納める料金についてまとめました。

七五三では「初穂料」が一般的

祈祷をしてもらう時、謝礼として納めるお金を祈祷料といいますよね。

七五三ではこの祈祷料のことを「初穂料(はつほりょう)」といいます。

ほかにも「玉串料(たまぐしりょう)」ということもあります。

どちらでも問題ありませんが、一般的に「初穂料」と呼ぶことが多いですね。

参拝料(拝観料)は神社による

参拝料は神社の境内や本殿などに入る時に支払う料金ですね。

拝観料とも呼ばれます。

参拝料は現在は無料の神社が多いようです。

ですが、中には有料のところもあります。

例えば、七五三のお参り神社としても人気のある、明治神宮や神田明神などは参拝料は無料です。

世界遺産でもある日光東照宮などは、参拝料は有料です。

参拝料がかかるかどうかは、お参りする神社のホームページをチェックしてみてくださいね。

祈祷料(初穂料)の料金相場は?

七五三の祈祷料(初穂料)の料金相場は5,000円〜10,000円です。

料金が決まっているわけではないので、基本的に気持ち次第で問題ありません。

ただし、神社によっては5,000円〜や、5,000円・10,000円というように、料金で祈祷のランクがわかれているところもあります。

こちらも七五三のお参りの前に神社のホームページなどをチェックしておくと良いでしょう。

予約の際、電話で聞いても良いと思います。

のし袋の書き方

のし袋の書き方

祈祷料(初穂料)は水引が紅白の蝶結びになっている、お祝い事用ののし袋にいれましょう。

上に「初穂料」もしくは「玉串料」や「御礼」と書きます。

下に子どもの名前をフルネームで書きます。

中袋の表側には入れる金額を「金伍阡円」などと記入し、裏に住所と子どもの名前を書きます。

兄弟も一緒に祈祷してもらう時は?

兄弟一緒に七五三をおこなう時もあると思います。

そういう場合の祈祷料(初穂料)は、同じのし袋に二人分の金額をいれるのが一般的です。

その際は、のし袋の表に子どもの名前を連名で書きましょう。

まれに神社によって、個々に用意が必要な場合もあるようです。

そういった記載がある時は、1人づつ用意のし袋を用意しましょう。

七五三の祈祷料、参拝料の疑問は解決しましたか?

はじめての七五三は不安も多いと思います。

しっかり準備して、お子さまの楽しい思い出になるようにしたいですね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?