今、女性や健康志向の男性の間でも大人気のスムージー。

簡単にできて美味しいのに栄養もとれる万能ジュースです!

自分で作れば、好みの味で安く作れるし、いいとこずくめ!?

この記事ではそんなスムージーレシピを紹介します♪

これからの時期夏バテなど食欲がない時にもさらっと飲めるバナナスムージーはオススメですよ〜。

簡単de美味しい!バナナスムージーの人気レシピ

バナナスムージーの美容・ダイエット効果

スムージーは市販の野菜ジュースなどに比べ、生の野菜や果物を使うのでビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養をまるっと取り入れることができます。

作り方もミキサーにいれるだけの簡単調理なので、手軽に栄養を補給することができます。

なかでもバナナはビタミンB1、B2、食物繊維が豊富で、むくみ予防や綺麗な肌を保つのにも効果的!

さらにアンチエイジング効果の期待できるポリフェノール、トリプトファンと呼ばれるストレス解消にいい成分まで含まれてます。

さらにさらにカリウムやマグネシウムも含まれているので、不足しがちなミネラルも補給できちゃうんです。

気になるバナナのカロリーは1本あたり約85kcal。

腹持ちがいいのでダイエット中にもオススメです。

バナナスムージー基本のレシピ

人気レシピの前に基本のバナナスムージーレシピもおさらいしておきましょう。

基本のバナナスムージー

【材料】(1人分)

  • 凍らせたバナナ   1本
  • 牛乳(豆乳でもOK) 150cc

【作り方】

  1. 材料をすべてミキサーにいれる
  2. ミキサーのスイッチをいれて十分に撹拌する

材料2つを入れてミキサーにかけるだけ!

とっても簡単です♪

ちなみにバナナは凍らせると栄養価がアップするそう。

バナナが凍ってなければ氷を足してもOKですよ。

甘みが足りない時ははちみつや砂糖を足してみてくださいね。

黒い斑点がでている完熟バナナならより美味しくいただけます。

基本のシンプルなバナナスムージーも美味しいですが、それだけだと飽きてしましますよね・・・。

といわけで、人気のバナナスムージーレシピもどどーんと紹介していきましょう!

スポンサーリンク




りんごとバナナのスムージー

りんごで食物繊維を更にプラス!

甘みやフルーティな香りもアップ。

ヨーグルトとはちみつまで入っているので腸にも優しい。

朝食にぴったりのスムージーです。

りんごとバナナのスムージー

【材料】(2人分)

  • りんご   1個
  • バナナ   1個
  • はちみつ  大さじ1
  • ヨーグルト 200g
  • 牛乳    100cc

【作り方】

  1. りんごは塩(分量外)でこすり洗いし、芯を除き、皮つきのまま一口大に切っておく。
  2. ミキサーに材料をすべて入れ、なめらかになるまで回す(約1分)。
  3. グラスに注ぐ。

引用:ABCクッキングスタジオのレシピ

飲みやすい!バナナと小松菜のスムージー

栄養価の高いグリーンスムージー。

でも味が苦手な人も多いのでは?

このレシピなら食べづらい小松菜もバナナと合わせることで美味しく飲めちゃいます!

飲みやすい!バナナと小松菜のスムージー

【材料】

  • バナナ  2本
  • 小松菜  50g
  • 水    100cc

【作り方】

  1. 小松菜はよく洗ってざく切り、バナナも適当な大きさに切る。
  2. バナナ→小松菜の順にミキサーに入れ水も加えてスイッチオン!
  3. よく撹拌出来たら出来上がり〜?

豆乳がお好きな方は水50cc、豆乳50ccにするとマイルドになって美味しいデス☆

引用:クックパッド

美腸!黒ごまきな粉バナナスムージー

腸に良い黒ごまやのあるきな粉をプラスすることで、便秘解消に期待できそう。

黒ごまやきな粉には抗酸化作用もあるので美容にも◎

コクもアップして飲みごたえのあるスムージーです。

美腸!黒ごまきな粉バナナスムージー

【材料】(1人分)

  • バナナ   小1本(80g)
  • 牛乳    120ml
  • 黒すりごま 大さじ1
  • きな粉   大さじ1弱
  • はちみつ  大さじ1/2

【作り方】

  1. バナナはてでちぎり、全ての材料をミキサーで撹拌する。
  2. 冷やすと美味しいよ〜(。・w・。 )

引用:クックパッド

バナナスムージーは朝食にぴったり!

バナナスムージーは栄養抜群で簡単にできるから忙しい朝もぴったりですね。

朝から調子いいと1日素敵な気分ですごせそうです!

シナモンなど好きな香りを加えたり、アレンジも良さそう。

話題のココナッツオイルを加えてホットでいただくのもいいですね。

色々試してくださいね!

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?