人気の無水鍋を比較してみた

様々な調理に使えて調理時間が短くすむ無水鍋。

しかも栄養も逃がさないときたら、ぜひ使いたいですよね!

でも無水鍋は海外製から日本製までいろんなメーカーが出しているみたい。

というわけで今回は人気の無水鍋を比較してみました。

無水鍋選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




無水鍋は時短・栄養・耐久性を兼ね備えた万能鍋

無水鍋はフタと本体がぴったりくっつくことで蒸気を逃がさず、おいしい料理が短時間でできるお鍋のこと。

素材だけの水分で調理できちゃうから、うま味が凝縮され、栄養も逃がさないんです。

熱伝導がとても良いので、強火調理が不要。

そのため、光熱費も抑えられます。

煮込み料理はもちろんのこと、ふくっらおいしいごはんが炊けたり、オーブンの代わりにもなる万能鍋なんですよ。

さらに、3世代使えるほどの耐久性という、文句なしのお鍋なんです♪

人気の無水鍋を比較してみよう

ル・クルーゼ(LE CREUSET)

ル・クルーゼの特徴はなんといっても豊富なカラーバリエーション!

ビタミンカラーであるオレンジ色が有名ですよね。

内側はクリーム色なのでお料理が映え、そのままテーブルウェアとして使ってもとってもオシャレに決まるのが魅力です。

密閉性が低いため、無水鍋の特徴でもある無水調理にはあまり向いていませんが、シンプルな煮込み料理や、ごはんを炊いたり、パンを焼いたりするのにいいですね。

他のホーロー無水鍋と比べると軽いです。

ストウブ(STAUB)

ル・クルーゼに並び、ストウブもとても人気の無水鍋です。

ずっしりとした重いフタが特徴で、食材のうま味をしっかりと閉じ込めてくれます。

野菜の蒸し煮など、無水調理をするならル・クルーゼよりもストウブがオススメ。

重厚感がありカッコイイデザインも人気の理由のひとつです。

バーミキュラ(VERMICULAR)

バーミキュラは後発だけあってバランスの良い無水鍋です。

フタにつまみと取っ手、両方ついているデザインが特徴的ですね。

密閉性が高いので無水調理もバッチリです。

鍋底にはグリルパンのように凹凸があり、焦げ付きにくくなっています。

ジオ

ジオはシンプルなデザインが特徴の日本製の無水鍋です。

使い勝手の良い片手鍋タイプもあり、女性にも使いやすいように設計されています。

オールステンレスで洗いやすく手入れしやすいのが特徴です。

手頃な価格なのも嬉しいですね。

無水鍋®

無水鍋®は日本で最初にできた無水鍋。

かまどで炊いたようなごはんが炊けることを目指して作られた無水鍋だけに、もちもちのとてもおいしいご飯が炊けます。

シンプルな羽釜のようなデザインも特徴的です。

フタは厚手にできているので、フライパンや浅型の鍋としても使えます。

ただし、普通のIH調理器では使えないのでご注意を。

人気の無水鍋比較表

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ストウブ(STAUB) バーミキュラ(VERMICULAR) ジオ 無水鍋®
デザイン
密閉度
焦げ付きにくさ
メンテナンス
食洗器対応
IH対応 ×
重量 20cm/2.8Kg 20cm/3.4kg 22cm/4.2Kg 20cm/1.49kg 24cm/1.8kg
参考価格 21,978 円 28,080円 45,000円 10,800円 11,664円

幅広い料理に使える無水鍋ですが、無水鍋によって得意不得意とするものは違うようです。

無水鍋はどんな用途でメインに使うかを考えて選ぶのが良さそうですね。

無水鍋は大切に使えばとても長持ちします!

ぜひご家庭に合う無水鍋を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?