心配!おたふく風邪の予防接種後の発熱は副反応?発熱時の対処は?

「おたふく風邪の予防接種をしたら発熱した!」

小さいお子さんが予防接種をうけた場合には、特に心配ですよね。

この発熱は副反応?

病院につれてったほうがいいのかな?

発熱した時の対処など、おたふく風邪の予防接種で発熱した時に知っておきたい知識をまとめました。

おたふく風邪の予防接種の発熱は副反応?

おたふく風邪の予防接種に使われるワクチンは、生ワクチンと呼ばれるものです。

生ワクチンは生きているウイルスや細菌の毒性を弱めて作られます。

しっかりした免疫がつきやすい反面、発熱やそのウイルスがかかってしまった時におこる症状の軽度なものが副反応として起きることがあります。

おたふく風邪には潜伏期間があるので、予防接種による副反応が起きる可能性があるのは、予防接種後2~3週間後

おたふく風邪の予防接種をうけた時におこる可能性のある副反応は、発熱、耳の下の腫れや痛み、嘔吐、咳、鼻水などがあります。

副反応による発熱かどうかの見分け方は、発熱の起きた時期と注射した部位を確認してみてください。

注射した部位が赤く腫れていたり、硬くなったりしている場合は副反応による発熱の可能性があります。

おたふく風邪の予防接種後、発熱したらすぐ病院にいったほうがいい?

おたふく風邪の予防接種後、発熱したらすぐ病院にいったほうがいい?

基本的に予防接種による発熱は2~3日でおさまっていきますので、発熱が続かなければ問題ありません。

発熱が長引いていたり、38度以上の高熱が続く、いつもと様子が違う場合などは、お医者さんに相談しましょう。

また、予防接種後、数日での発熱はおたふく風邪と関係ない場合も。

普通の風邪や、他の病気にかかってしまった可能性もありますのでお医者さんに相談してみてください。

おたふく風邪の予防接種で発熱した時の対処は?

予防接種による発熱も、通常の風邪などの時の対処法と同じです。

汗をたくさんかくので、脱水症状に注意して水分を多めにとるようにしてください。

食欲がない時はゼリーなど食べやすいもので補給するのも良いでしょう。

注射したところが腫れている場合は、氷や保冷剤などで冷やすとよくなります。

外出は熱が下がるまでは控え、よく休養をとるようにしましょう。

おたふく風邪の予防接種後に発熱した場合、副反応以外にも他の原因が作用している場合があります。

発熱が長引いたり、いつもと様子がおかしい時は、お医者さんに相談するのをオススメします。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?