90%?おたふく風邪の予防接種の効果は?

私は小さい頃、おたふく風邪で頬が腫れて、寝込んだ経験があります。

熱が続いて結構辛い病気なんですよね。

おたふく風邪は子どもがかかることの多い病気ですが、大人もかかる可能性もあり、注意が必要です。

おたふく風邪の予防には予防接種が効果的ですよ。

スポンサーリンク




おたふく風邪とは?

おたふく風邪の正式な病名は「流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)」といいます。

おたふく風邪はムンプスウイルスに感染することによって引き起こされる感染病です。

おたふく風邪にかかると、耳の下を中心として頬のあたりがはれて、痛みや発熱、嘔吐や咳、鼻水などの症状が現れます。

症状は1週間ほどで落ち着きますが、重症化すると無菌性髄膜炎や難聴、膵炎、脳炎などの病気を引き起こすこともあります。

日本では毎年200万人以上の方がおたふく風邪にかかっています。

患者の多くは3~6歳児で、免疫のない幼児がかかることが多い病気です。

おたふく風邪の予防接種の効果は?

おたふく風邪の予防接種の効果は?

おたふく風邪の予防接種の予防効果は高いと言われています。

おたふく風邪の予防接種をうけると、90%の人がおたふく風邪を発症しないというデータがあります。

おたふく風邪は幼児が多くかかりやすい病気ですが、大人がかかると重症化することが多いそうです。

一度もおたふく風邪にかかったことがない人は、大人であっても注意するべき病気です。

予防接種にはおたふく風邪にもしかかってしまったとしても、重症化を防いでくれる効果もあります。

おたふく風邪の予防接種効果の持続期間は?

おたふく風邪の予防接種の効果がえられる期間は、比較的長いと言われていて、一般に10年持続するといわれています。

ただし、持続期間には個人差があり、少なくはありますが予防接種を受けたもののおたふく風邪にかかってしまった、という人もいるようです。

とはいえ、予防接種を受けておけば、かかってしまったとしても軽症ですむ場合が多く、十分にうける価値はあると思います。

おたふく風邪はおたふく風邪にかかった患者との接触や、つばなどの飛沫から感染します。

そのため、子どもを幼稚園など、人が多く集まる場所にいれる前に予防接種で対策をとることが効果的です。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?