おたふく風邪の予防接種2回目はいつうつべき?

おたふく風邪の予防に効果的な予防接種。

より免疫をしっかりつけるなら、2回目を打つのが効果的ですよ。

でも、副反応がでる可能性もあるし、いつ2回目をうつべきか悩むママは多いようです。

今回はおたふく風邪の予防接種を2回打ったほうがいい理由や、2回目をうつ時期についてまとめていきます。



おたふく風邪予防接種は2回目をうったほうが効果あり?

おたふく風邪の予防接種は1回だけでもOKです。

でも、予防接種を1回うけただけだと、おたふく風邪にかからないのは全体の90%。

つまり、1回の予防接種だと、残りの10%の人は予防接種を受けてもおたふく風邪にかかってしまう可能性があるんです。

予防接種の2回目をうけると、限りなくおたふく風邪を発症する確率はゼロに近くなります。

そのため、おたふく風邪に絶対かかりたくない!という方のために2回目の予防接種が推薦されているようです。

おたふく風邪の予防接種2回目はいつうつべき?

おたふく風邪の感染ルートは感染した人からの飛沫感染や接触感染です。

そのため、多くの人がいる小学校などへ入学する前にすませたほうが良いでしょう。

小学校高学年になってからおたふく風邪に感染してしまうと、男の子は精巣炎、女の子は卵巣炎を引き起こすことがあります。

日本小児科学会では1回目の接種は、1歳を過ぎたら早めに、2回目の接種は5歳以上7歳未満が望ましいとされています。

おたふく風邪の予防接種はお早めに

おたふく風邪の予防接種後は、副反応として発熱や耳下の腫れなどの症状がでることがあります。

そのため、大事な時期は避けて予防接種をおこなうのが良いでしょう。

また、子どもの時は予防接種が受ける種類が多く、体調によって予防接種ができないこともあります。

免疫がつく前に地域でおたふく風邪が流行る可能性も考えられます。

おたふく風邪の予防接種の2回目をうける場合は、早めに予定を組んだほうがよさそうです。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?