香りにアクセントをつけたい時に、ちょっとあると便利なのが「みょうが」です。

これからの時期、そうめんやうどん、さっぱりした料理にぴったりですよね。

みょうがは夏野菜のひとつですが、ベランダでも簡単に栽培できるのをご存知ですか?

プランターでのみょうがの育て方とは?ベランダでも簡単に栽培できます!

みょうが栽培は、結構楽しいらしいのでベランダや庭があるなら、やってみて損はないと思いますよ。

今回は、そんなみょうがの育て方から、栽培のポイントなどを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

みょうがの育て方と育て方のポイント

みょうがは、大きくなると雑草が生えにくく、ほとんど手入れしなくてもすくすく育ちます。

しかも、そこまで広いスペースがなくても栽培できるので、ベランダでも栽培できるという特徴があります。

さらには、病害虫にもそこそこ強いというメリットがあります。

ただし乾燥に弱いため、出来るだけ日陰で育てるのがポイントです。

そのため、日向におくべき他の夏野菜と並行して育てられるという、大きな特徴があります。

かなり育てやすい部類に入る夏野菜なので、オススメですよ。

スポンサーリンク




プランターでのみょうがの育て方とは?

みょうが栽培は簡単です。

下記の手順にしたがって栽培しましょう。

01:まずは植え付けをする

冬は地下茎が袋入りで販売されています。

苗で植え付けをおこなう場合は、4〜5月頃にホームセンターで購入しておきましょう。

用意するプランターは、深さ30cm程度の深めのものを用意しておくと、2年目以降も安心できます。

深さ8cm程度の穴をほり、15〜20cm間隔を開けて植えましょう。

地下茎の場合は、芽が上に向くように注意して植えてください。

ただし乾燥に弱いため、植え付け後は水をたっぷりと与えます。

02:手入れをする

新芽がでてきたら、腐葉土を薄くひいて乾燥しないように注意しましょう。

虫に関しては、注意するのは芋虫程度です。

ですので農薬などは基本的に不要なんです。

芋虫が発生しやすい5〜6月頃は注意して、もし見つけたら取り除くようにしましょう。

栽培

普段スーパーなどで買って食べている箇所は、花穂(花のすぐ下の蕾の部分)です。

根元に花が咲く頃に、折って収穫します。

収穫時期の目安は、6〜9月頃となっています。

ちなみに若い茎も薬味としてつかえますよ。

葉がしっかりと茂ると、翌年以降もたくさんの収穫が期待できますよ。

みょうが栽培は簡単なのでオススメ!

今回紹介したように、みょうが栽培は考えているよりも簡単です。

ベランダさえあれば、プランターと用具一式を用意するだけで育てることが出来ますからね。

独特の香りでお料理をさっぱり美味しくしてくれるみょうが。

食欲増進や血行を良くしてくれるので、夏バテの時にもオススメの野菜ですよ。

収穫したては香りも一段と良いですし、興味のわいた人は、ぜひ夏野菜のみょうが栽培に挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?