北海道新幹線が2016年3月26日に開通しましたが、北海道には既にLCCという強敵がいます。

実際問題として、どちらが安いのか? どちらがオトクなのか?

気になる人も多いと思ったので、一覧にしてまとめてみました。

北海道新幹線 vs LCC!どちらの料金が安い?オトク?

ちなみに比較の基準として、東京駅を出発地点、LCCがある札幌の札幌駅を到着地点とします。

そして料金はもちろん一番の基準としますが、快適具合やオトク具合と時間も比較対象とします。

北海道新幹線 vs LCC!料金が安いのはどちら?

繰り返しますが、東京駅を出発地点で札幌駅を到着地点とします。

北海道新幹線の料金とは?

北海道新幹線の通常の片道料金は、東京駅〜新函館北斗駅までで22,690円です。

しかしえきネットの「お先にトクだ値」で割引が適用されると、17,010円となります。

ただし、新幹線では新函館北斗駅までなので、そこから高速バスか電車に乗る必要があります。

電車なら約5,000円、高速バスなら4,200円となります。

オススメは、夜間でも運行していて乗り換えの必要がない高速バスですね。

そして北海道新幹線を使った場合の料金は、下記のようになります。

通常時料金 27,000〜28,000円
割引適用後 21,000〜22,000円

スポンサーリンク




LCCの料金とは?

LCCを使う場合は、出発空港が成田空港、到着空港は新千歳空港となります。

ただし、LCCの場合は料金の平均を出しにくい側面があります。

なぜなら、時期やタイミングで料金が大きく変動するからです。

時期や早めの予約次第では、3,000円程度で予約が可能です。

ですが平均を見てみると、大体7,000〜8,000円くらいで落ち着いている印象です。

さらにこれに加えて、が必要です。

これらが2つ合わせて、約2,500円です。

東京駅〜成田空港までは1,500円、新千歳空港〜札幌駅までは1,000円程度です。

ちなみにバスを使えば、東京駅〜成田空港まで1,000円で行くことが可能です。

下記は一般的なLCCの予約をした場合と、激安価格で予約出来た場合と比較しています。

一般料金 10,000〜12,000円
激安料金 5,000〜7,000円

北海道新幹線 vs LCC!時間や快適度などで比べる

北海道新幹線を使うと、まず新函館北斗駅まで4時間2分です。

さらにそこからバスで約5時間かかるので、北海道新幹線を使うと約9時間の長旅となります。

それに比べてLCCを使った場合、東京駅〜札幌駅までで約4時間半〜6時間です。

これには、空港での待ち時間と電車時間も含んでいます。

正直、北海道新幹線を使った場合と比べると、LCCの方が圧倒的に早いですよね。

ただし快適度では圧倒的に北海道新幹線が有利です。

喫煙ルームがあり、Wi-Fiがあり、揺れも少ない!!

ハッキリ言ってLCCとは比較になりません。

ですのでどちらがオトクとは、簡単には言いがたいです。(個人的にはLCCですが・・・)

難しいところですが、用途に合わせて選ぶのが良いでしょうね。

急いでいる場合や料金が安い方が良ければLCC、時間はかかっても快適でノンビリしたいという人には北海道新幹線がオススメです。

LCCと北海道新幹線で迷っている場合は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?