小豆島(香川県)

ゴールデンウィークってどこも混んでいるので、特にどこに行くかは毎年悩むところですよね。

道路は渋滞しているし、特に有名な観光地は人も駐車場もいっぱい。

到着する前に疲れた~!なんてことも。

しかし、そんなゴールデンウィークでも比較的すいている穴場スポットもあります。

というわけで今回は、ゴールデンウィークにオススメな中国・四国地方の穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

世羅高原農場(広島県)

世羅高原農場(広島県)

引用:https://twitter.com/serakogen

広島県の穴場スポットといえば、世羅高原農場です。

ゴールデンウィークの時期にかぶる2017年4月15日(土)~5月10日(水)は、チューリップ祭が開催されます。

約75万本のチューリップが咲き誇り、とても鮮やかでキレイな景色を楽しむことができますよ。

さらに2017年は「芝桜とネモフィラの丘」もプレオープンします。

園内は広いのでゴールデンウィークでもそこまで混雑は感じないため、家族とでも恋人とでもゆっくり過ごすのにオススメの穴場スポットです。

場所 広島県世羅郡世羅町別迫1124-11
営業時間 9:00~17:00
料金 大人:800円 4才~小学生:400円
問い合わせ 0847-24-0014

大山トム・ソーヤー牧場(島根県)

大山トム・ソーヤー牧場(島根県)

引用:http://www.walkerplus.com/spot/ar0831s07616/

島根県の穴場スポットは、大山トム・ソーヤー牧場です。

カピバラやアルパカ、わんちゃんなどたくさんの動物たちと触れ合うことができる牧場になっています。

アスレチックやバーベキューする場所もあるので、家族で1日楽しむことができます。

場所 鳥取県米子市岡成622-2
営業時間 9:00~17:00(季節により変動)
料金 大人: 800円 3歳~小学生:700円
問い合わせ 0859-27-4707

地底王国美川ムーバレー(山口県)

地底王国美川ムーバレー(山口県)

引用:http://www.oidemase.or.jp/blog-iwakuni/

山口県にある美川ムーバレーは、天候に関係なく楽しめる穴場スポットです。

地底王国をモチーフにしたテーマパークで、謎解きをしながら進みます。

鉱山内は16度前後に保たれているため、暑くなってくるゴールデンウィークでも適温でアドベンチャーを楽しむことができます。

内部はこった作りになっていて、神秘的な雰囲気もいい感じです!

別途料金で砂金採りを体験することもでき、気分は探検家です。

場所 山口県岩国市美川町根笠1564-1
営業時間 9:30~17:00
料金 大人:1450円  4歳~小学生:950円
問い合わせ 0827-77-0111

角島大橋(山口県)

角島大橋(山口県)

角島大橋は、自動車のCMでもよく使われるほど爽快で美しい景色が広がるスポットです。

エメラルドグリーンの海と島々のコントラストが美しく、思わずゆっくり走ってしまいます。

ゴールデンウィーク中は渋滞するほど人気のスポットですが、実は早朝であれば穴場だったりもします。

だいたい10時ごろになると渋滞するので、スムーズにわたるならそれまでに行って帰ってくるのがオススメです。

とはいえ、渋滞しててものんびり美しい景色を見ることができるので、そこまで苦ではないかも?

場所 山口県下関市豊北町
料金 無料

小豆島(香川県)

小豆島(香川県)

小豆島は、中国地方からも中部地方からもアクセスが簡単な離島です。

とはいっても映画のロケ地に使われるほど自然が美しい島で、日本三大渓谷美と称される寒霞渓や、海を見下ろすことのできる広大なオリーブ畑の丘などがある穴場スポットなんです。

島と島の間にある、潮の満ち引きで現れるエンジェルロードも見どころの一つ。

「大切な人と手をつないで渡ると願いか叶う」という、ロマンチックな言い伝えもあるんですよ。

シーカヤック体験もあり、様々な自然を満喫できます。

場所 香川県小豆郡小豆島 
問い合わせ 小豆島観光協会:0879-82-1775

道中の渋滞対策も万全に!

2017年のゴールデンウィーク、行きたい場所は見つかりましたか?

穴場スポットといえど、途中の道路は混む可能性も大きいです。

景色の良い路線の電車を利用したり、車でも楽しめる映画やお菓子なんかを用意していくと、混雑する道中も楽しめるかもしれませんね。

穴場スポットでゆったり素敵なゴールデンウィークをお過ごしください♪

スポンサーリンク

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?