家事代行サービスの市場規模

家事と仕事の両立の手助けになる、家事代行サービス。

実は家事代行サービスは国も利用を後押しする、時短ビジネスなのです。

まだ、認知度に比べ利用者数が少ないものの、家事代行サービスは市場規模はとても大きくなるものと予測されています。

注目される家事代行サービス

働く女性が増えたことから、最近様々な時短ビジネスが生み出されています。

コンビニやスーパーでは手間がかからず料理ができるカット野菜が登場し、材料さえ入れてしまえばスイッ

チ一つでスープができる家電が開発されたり、オールインワンの化粧品もたくさん売り出されていますね。

家でロボット掃除機を使っているという人もいると思います。

10分でできるヘアカットもでてきたし、普段の食材さえネットでなんでも変えるようになりました。

そんな自由に使う時間を生み出してくれる時短ビジネスの中でも、特に今注目されているのが家事代行サービスなのです。

家事代行自体は古くからあったものですが、これまであまり身近なものではありませんでした。

しかし、「仕事と家庭を両立させたい」という女性が増え、インターネットを使ったシステムで安価にサービスを提供できるようになり、今「家事代行サービス」として活用が見直されています。

家事代行サービスの市場規模は約6,000億円

家事代行サービスの市場規模は約6,000億円

経済産業省は、家事代行サービスの市場規模は将来的に約6,000億円まで拡大すると公表しています。

マンガの市場規模が約5000億円と言われていますので、将来的には「家事代行サービスを使ったことがある人がほとんど」という状態になると予測されているんですね。

国も後押しする家事代行サービス

国としても、家事代行サービスを利用する人を増やしたい動きがあります。

経済産業省は「家事支援サービス推進協議会」というものを立ち上げ、2015年1月に「家事支援サービス事業者ガイドライン」を策定しました。

そこには、「家事支援サービス会社が担保すべき項目」として、家事代行サービスに関する様々な調査結果が記されています。

  • 利用者ニーズの調査の実施
  • 利用者ニーズを踏まえたサービス設計の実施
  • 提供サービス内容の明確化
  • 適正な契約の締結
  • サービス提供前のコミュニケーションの実施
  • サービス提供体制の構築
  • サービスの実施内容の明確化
  • 利用者の満足度調査の実施とその結果を踏まえた改善
  • フォローアップ体制の構築

引用:経済産業省「家事支援サービス推進協議会」

今後は「家事支援サービス事業者ガイドライン」を活用した事業者評価について取り組んでいくとのことですが、最大の目的は家事代行サービスを使う人を増やすためです。

調査結果からもわかるように、家事代行サービスはまだ認知度に比べ、利用率が少ないのです。

しかし、国の成長戦略の一つである「女性が輝く社会」を実現するためにも、女性が育児と仕事を両立させ積極的に社会に参加できるようにするために、家事代行サービスの普及は必要不可欠なのです。

また、高齢化していく社会の労働力確保のためにも、家事代行サービスは欠かせないサービスとなることが予想されています。

掃除・料理の家事代行サービスならCaSy(カジー)がオススメ!

掃除・料理の家事代行サービスならCaSy(カジー)がオススメ!

CaSy(カジー)は低料金なのに質の高いスタッフが評判の家事代行サービスです。

価格は1時間2,190円と業界最安値水準

家事代行スタッフの研修や評価制度が整っているから、初めて家事代行サービスを利用するときも安心です。

ネットからいつでも簡単に予約できて、たまには息抜きしたいママも、忙しいご夫婦にもピッタリの家事代行サービスですよ♪

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?