家事代行サービスとメイドの違い

家事代行サービスと同じく、家の家事を代行するメイド。

具体的にメイドと家事代行サービスは何が違うのでしょうか?

家事代行サービスとメイドの違いは?

家事代行サービスとメイドでは、雇用形態、補償、サービス範囲が違います。

それぞれの違いについて詳しくみていきましょう。

雇用形態の違い

家事代行サービスは家事代行サービス会社がスタッフと雇用契約をむすびます。

そのため、利用者に雇用に関する手続きや、トラブルが発生することはありません。

また、家事代行サービスは時間制となるため、短時間や単発利用ができます。

対してメイドは、利用者がメイドと直接雇用契約を結びます。

トラブルや不満がある時はメイドに直接伝える必要があります。

また、メイドは基本的に住み込みで働きます。

補償の違い

ほとんどの家事代行サービス会社は、損害保険に加入しています。

物損などのトラブルに対する責任は会社が負い、補償されています。

対してメイドは、物損などのトラブルがあった場合もメイド本人に責任がとわれます。

サービス範囲の違い

家事代行サービスでのサービスは、掃除、洗濯、料理など基本的な家事に限定されています。

介護や看護など、専門的な知識やスキルを必要とするサービスは対象外です。

対してメイドは利用者との直接雇用契約となるため、メイドの同意がとれればサービス範囲はとても幅広いと言えます。

毎日利用する必要がなければ家事代行サービスでOK

毎日利用する必要がなければ家事代行サービスでOK

メイドは国内では見かけることがあまりないかもしれません。

しかし、アメリカでは一般的なサービスのようです。

基本的には日本の家政婦に近いもののようです。

メイドは住み込みの分、費用がかかり、雇用契約の手間もあるため、毎日長期的に家事を依頼するような状況でなければ家事代行サービスで十分だと思います。

余談ですが、ほとんどのメイドはメイド服のような衣装は着ていないようです。

しかし、直接雇用となるので、衣装を支給すれば着てもらえるかもしれませんね。

掃除・料理の家事代行サービスならCaSy(カジー)がオススメ!

掃除・料理の家事代行サービスならCaSy(カジー)がオススメ!

CaSy(カジー)は低料金なのに質の高いスタッフが評判の家事代行サービスです。

価格は1時間2,190円と業界最安値水準

家事代行スタッフの研修や評価制度が整っているから、初めて家事代行サービスを利用するときも安心です。

ネットからいつでも簡単に予約できて、たまには息抜きしたいママも、忙しいご夫婦にもピッタリの家事代行サービスですよ♪

家事代行の選び方、頼めること、使い方がわかる!働いて稼ぐこともできる?